家庭教師の個人契約(直接契約)媒介   
個人契約での家庭教師をお考えのご家庭と、指導先をお探しの講師の方のマッチングサイトです
家庭教師個人契約情報
-家計にやさしく、講師に厚遇の家庭教師-
全国ネット/補習・受験、資格、語学、芸術、スポーツ、趣味…
   

♪ 手数料7,500円のみで、希望条件にピッタリの講師をご紹介します!

HOME>ご家庭へ>インターネット家庭教師〈ご家庭用ページ〉

   

  インターネット家庭教師

   

インターネット家庭教師とは

Skype等のインターネット電話サービスを通じて、全国・海外どこでも、自宅にいながらリアルタイムに個別指導を受けられるオンライン家庭教師です。 インターネットに接続できる環境があれば、どなたでも受講できます。

  • Webカメラとヘッドセット(ヘッドホンマイク)を使って、お互いの顔を見ながら、対話しながら指導を受けられます。
  • パソコン画面がノートや黒板になります。ホワイトボードに文字や図形を描き、お互いにそれを見ながら会話ができます。
  • プリンタまたはスキャナを使って紙媒体の教材をホワイトボードに取り込むことができます。ホワイトボードに取り込まれた教材の上に文字や図形を描くことができます。
  • 電子ペンまたはペンタブレットを使って、紙媒体に書き込んだ文字を、そのままホワイトボードに取り込むことができます。

ホワイトボード体験はこちらをどうぞ。

 

Skypeがよく利用されています。このソフトウェアを使うと、世界中を相手に無料通話ができます。Skypeは無償で提供されていますので、ソフト購入の必要もありません。

 

Skypeのダウンロード :  Windows | Mac OS X | Linux | Pocket PC

   

こんな方におすすめです

  • 家庭教師をつけたいが、地域的に来てもらえる先生がいない。
  • 家庭教師をつけたいが、家に来られるのはちょっと…。(先生が家に来るのは気を使う。家が狭い。下の子が騒いでうるさい。病人がいる。…)
  • 海外で暮らしているが、日本での受験に向けて指導を受けたい。

インターネット家庭教師のメリット

  • リアルタイムに遠隔地の講師から直接指導を受けることができる。
    たとえば、首都圏の大学をめざしている地方在住の受講生が、そのめざしている大学の在学生講師から指導を受けることも可能です。
  • 急なお休みや変更も、補講や振り替えが容易です。 
  • 交通費の負担がない。

機能に応じて下記の周辺機材が必要です

  • ヘッドセット(ヘッドホンマイク)
    ヘッドセットがなくてもご利用可能ですが、ご自身の音声を相手に配信できませんので最低限ご準備いただいています。
  • Webカメラ
    Webカメラがなくてもご利用可能ですが、ご自身の映像を相手に配信できません。
  • 電子ペンまたはペンタブレット
    ホワイトボードに手書き入力する場合は必要です。
    電子ペンやペンタブレットがなくてもホワイトボード上に、マウス/テキスト/付箋ツールでマウスやキーボードを使って文字の入力は可能です。
  • プリンタまたはスキャナ
    問題プリントや資料を画像として取り込む場合は必要です。

これらはパソコンショップで売られています。安いもので機能的には問題ありません。全部そろえても1万5千円以内くらいで買えます。

 

スカイプ対応カメラとヘッドセットについてはこちらを参考にどうぞ。

   
ご利用方法
A)

 講師に問い合わせる 講師のプロフィールを掲載しています。ご要望にかなった講師があれば、⇒ 本人に照会できます。

   
B)

ご要望にかなった講師がみつからない方、お選びになる時間のない方は、 インターネット家庭教師:講師リクエストフォームからご希望条件を送信ください。

   

ご利用規約

講師に問い合わせる

インターネット家庭教師:講師リクエストフォーム

ご依頼内容の変更・削除

お問合せ

 
   

ページTOPへ

HOME>ご家庭へ>インターネット家庭教師

HOMEご家庭へ講師に問い合わせる講師の方へ急募情報掲示板業者の方へ
個人情報の取り扱いサイトマップ・運営者リンク

家庭教師をお考えのご家庭

1

 受講開始までの流れ

2

 ご利用規約

3

 講師に問い合わせる

 講師リクエストフォーム

4

希望条件の講師と面接

5

講師決定⇒受講スタート

  

指導先をお探しの講師の方

1

 指導開始までの流れ

2

 ご利用規約

3

 講師登録フォーム

4

希望条件の家庭と面接

5

生徒決定⇒指導スタート

  
 

個人契約のすすめ

 
家庭教師の先生をしようと思いたった人は、早く指導先を得たいわけですから、あちこちの個人契約サイトや派遣業者等に重複して講師登録するものです。
 
 
 
Kさんという先生がS社とT社で生徒さんをうけもっていました。
 
〈Aさんのお宅〉-KさんがS社から派遣されています-
~毎回の受講料は比較的に安いのですが、始めるにあたって50万円の教材を買わされました。Kさんに言わせると、学校の教科書の方がいいとのことで、ほとんど使ってくれていません。
 
 
 
 
〈Bさんのお宅〉-KさんがT社から派遣されています-
~入会金2万円で始めました。高額教材のセット販売はなかったのですが、「プロ家庭教師」というふれこみで受講料はS社の倍です。さらに管理費名目で月々5千円払っています。
 
 
 
Kさんが受け取る報酬はS社もT社も同額でした。
 
 
 
…派遣業者を通さなかったらどうでしょう。教材費も入会金も管理費も要りません。Kさんもご家庭よりいただく指導料(受講料)をそのまま受け取れます。
 
 
 
費用の差も然ることながら、決定的な違いは、
 
〈個人契約〉
生徒側が先生を選ぶことができる。
 
 
 
 
〈業者派遣〉
業者がスケジュールの空いている先生を選抜して派遣する。
という点でしょう。
 
 
 

ご家庭から当サイトにお支払いいただくのは、先生探しのお手伝いにかかる手数料7,500円(税込み)のみです。講師の方よりいただく料金はありません。